こんにちは!鈴音整骨院院長の金子です。

今日は薄毛と姿勢の関係について解説していきます。

 

姿勢を改善するだけでも、薄毛の改善、進行を防ぐ効果が非常に大きいです。

AGAによる薄毛、AGA以外の薄毛や女性の薄毛にも共通して姿勢の改善は効果的です。

 

気を付けるポイントは一つだけ、

凄くシンプルなので試してみてください。

 

そのポイントは頭の位置です。

 

頭の位置は日常生活において、前方に位置しやすくなっている、という事が問題となります。

デスクワークやパソコン、スマホ、家事や仕事でも手を使う作業をしているときは、

頭が前方に位置しやすくなっています。

パソコン画像

suzuneseikotsu.com/

ここでひとつ。とても大切なことがあります。

それは・・・・

 

何に対して前方に位置しているか、

という基準です。

 

そしてその基準とは・・・

ズバリ背骨です。

 

背中が丸まったいわゆる「悪い姿勢」の場合、

丸まった背骨が後方に移動し、それに対し頭部が前方に位置することで

バランスを取ることになります。

 

これとは逆に背骨を前方に位置する、には

骨盤を立て、さらに下腹部を前方に突き出し、「骨盤前傾」を作ります。

 

更に胸を張り、両肩を後方に引きます。

ここまでくると、ほぼ背骨は前方に移動していますが、

最後のダメ押し、天井を向いて頭を後方に移動させます。

 

ここまでくると少しきつい姿勢になりますので、

無理せず、ほどほどで結構です。

 

この動き、フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さんの

イナバウアー、

 

そして力士の琴奨菊関の取組前の動き

というとわかりやすいでしょうか?

 

この動きを、たまにでも行うことによって、

普段の丸まったときの姿勢とバランスが少しずつ取れてきます。

 

最終的には背骨の真上に

頭が綺麗に乗っかっている状態が理想です。

 

長年丸まった姿勢が定着してしまった方は、

背骨周辺の奥の筋肉が、びっちりと癒着して

丸まった形に固まっています。

考える骸骨

suzuneseikotsu.com/

それでも、その癒着はゴム状の

無数の筋肉や腱などの組織が癒着して固まったものなので、

 

軽い動きを繰り返すことで、少しずつほぐれて柔らかくなり、

元の柔軟でズレが少なく、可動性に優れた背骨に戻っていきます

 

頭が前方に行かないように、

普段なるべく気を付ける。

 

これだけを意識していると、

普段の姿勢の管理も格段に楽になると思います。

 

私もいま、パソコンでブログを書いていますが、

骨盤を立て、背骨に頭をちょこんと載せて視線だけ軽く下に向けています。

 

そして、不要な力は出来るだけ抜いています。

でも、背骨が丸まって固まっている方は、

良い姿勢を維持してると、少し疲れてくるので、

その時は無理せず、少し丸まった姿勢に戻しても大丈夫です。

 

柔らかくなると、良い姿勢が無理なくできるようになりますので、

毎日軽くでも意識してあげることが大切です。

 

それに、丸まった姿勢でも短時間では問題ありませんので、

すぐに姿勢に変化を付けるようにだけ気を付けてください。

 

日常生活では、立っているときや、歩いているときに

可能な限り頭の位置を気を付けてみてください。

 

普通の状態では、頭を背骨の真上に綺麗にちょこんと乗せるイメージで。

真っすぐに立った棒は、力を入れなくでも立ったままですが、

傾いた棒は支えるために力が必要になります。

 

そしてたまに、ストレッチでイナバウアーを無理なく。

これだけを意識するだけで姿勢も自然に良くなってきます。

 

姿勢が良いと体全体が柔らかくなり、健康状態も格段に改善し、

薄毛への解消へとつながります。

窓際に立つ女性2

suzuneseikotsu.com/

良い姿勢は心理的にもニュートラルな状態です。

背中を丸めて一点に意識を集中しているとき、

イナバウアーで意識を大きく広げること、

双方でバランスを取ることで安定した心理状態にもつながります。

 

是非試してみてくださいね。

効果がありましたら、ぜひメールで私に知らせてください。

待ってます!!