鈴音整骨院公式院長ブログ【鈴音だより】 鈴音整骨院は上尾駅から徒歩2分。通いやすいアクセスが魅力の整骨院です
院長ブログ
  • HOME »
  • 院長ブログ »
  • »
  • 薬によるAGA治療のデメリット ②効果の持続性

薬によるAGA治療のデメリット ②効果の持続性

薬によるAGA治療のデメリット、二つ目は効果の持続性です。

薬の服用は原則、「飲み続ける」ということになります。

 

幸い薬の効果が出て発毛、増毛効果が出たとしても服用を中止すると、

薄毛が進行していくため、一定の効果を維持するためには

計画的に服用を続ける必要があります。

 

そして服用を続けている間は一定の費用と副作用のリスクが嵩んでいきます。

仮に副作用が全く無い方でも、重大な病気を引き起こすトリガーとなる可能性はあるので、

心理的にもプラスに考える事は難しいと思います。

 

それに対して、頭部や体の筋肉のコリを減らしていく薄毛治療では、いわゆる「戻り」が非常に少なくなっています。

筋肉のコリは長い時間をかけて少しずつ溜まるので、一回の施術で減った深部にある特に硬いコリの量が

もとにもどるまでは少なくとも3か月から1年程度ストレスを受け続ける必要があります。

 

実際に施術を受けている方で、半年や1年ぶりに施術を受けるような方でも骨同士の位置関係は施術を再開すると

すぐに初めの状態より改善し、深部の特に硬いコリの量はそれほど増えていないので、長期的観点で改善していきます。

 

また、当然副作用もなく健康の度合いを増していくため、心理的にも非常に楽であると思います。

費用の面でも、積極的に通院を行うとしても月に1万円程度。

自分のペースで通院頻度を減らしても長期的観点ではほとんど問題が無いので無理がありません。

 

身体の根本から健康になり薄毛を解消する、という事に興味のある方は

是非鈴音整骨院の発毛育毛治療MHRTのホームページをチェックしてみてください。

http://suzuneseikotsu.com/hatumou.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGETOP
Copyright © 鈴音整骨院 All Rights Reserved.