今日はバドミントンによる肘の痛みの患者さんがいらしたので少し解説を。

 

肘の痛みでメジャーなのはテニス肘と野球肘。

テニス肘は外側上顆炎といって肘の外側がバックハンドを行った時の衝撃や負担で炎症を起こすものが多く、

野球肘は内側上顆炎といい投球動作で肘の内側に炎症を起こすケースが多くなっています。

 

今回のバドミントン肘は(検索かけても「バドミントン肘」はなかったので私が名付けます!)

位置的にはテニス肘に近いのですが、それよりも少し内側の肘を曲げた時のくぼみの少し外側、

筋肉でいうと腕橈骨筋や前腕伸筋群の内側のあたり、肘を曲げる部分に痛みが出ます。

 

これは、バドミントンの場合、野球でいうオーバースローの軌道のスイングが一番多く、かつ力を込めたショットが多いためです。

さらに、野球の場合は正しいフォームで綺麗にフォロースルーできるとこの部分を痛めませんが、

バドミントンの場合はショットの強さや方向を瞬発的に調整しなくてはいけないケースが多いため、

フォロースルーに急激なブレーキをかけてしまう局面がどうしても多くなってしまうためです。

 

もう一つバドミントンのバックハンドはテニスのバックハンドより縦方向の動きが多くなる、

ちょうど下から振り上げる動作が多くなるのもこのポイントに負荷がかかりやすい要因だと思われます。

 

筋肉をほぐしたり休めたり、アイシングを効果的に行うといった対策も有効です。

しかし、それよりも重要なのはフォームの調整です。

簡単なフォームの調整法は痛みのない関節を使う事です。

今回の患者さんの場合、肘のほかに肩にも少し痛みがあったので、シンプルに手首や体幹を使うといった対策です。

本来は硬い部分に偏りが無く、体幹から指先まで、バランスよく使うのが理想ですが。。。